ブラッド・ピット





スターシーク





楽天市場





Amazon.co.jpアソシエイト


ブラッド・ピットニュース
Yahoo!画像
Google画像検索
goo画像検索
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!動画
Infoseek動画
掲示板検索
ブログ
Amazon
楽天
ヤフオク








不動産ナビ
投資ナビ
旅行ナビ
東京23区ナビ
プログラミングナビ
ゲームナビ
美容ナビ
映画ナビ
都道府県ナビ
スポーツナビ



[無料占い] [無料ゲーム]



ブラッド・ピット出演映画一覧

ブラッド・ピット掲示板

ブラッド・ピット(Brad Pitt, 1963年12月18日 - )はアメリカ、オクラホマ州生まれの国際的な映画俳優です。

ミズーリ大学中退後1989年にデビュー。1991年の『テルマ&ルイーズ』で注目され、ロバート・レッドフォード監督の『リバー・ランズ・スルー・イット』(A River Runs Through It) が出世作。『トゥルー・ロマンス』、『12モンキーズ』、『スナッチ』等の出演に見られるような、アナーキーな狂人役を得意とする。

2000年に女優のジェニファー・アニストンと結婚。しかし、不仲説が伝えられ、2005年1月7日には、離婚した。日本ではブラピの愛称で親しまれている。ジーンズの宣伝としてもおなじみのカジュアルな格好も似合うが、『オーシャンズ11』で見せた背広姿も似合う。身長183cm、体重73kg。本名;ウィリアム・ブラッドリー・ピット




キャストも確かに凄いですが、CGの凄さを強調しているのが逆に俳優の個々の演技ではなかろうかと思います。とくにブラピはかっこよさもさることながら、人間の強さと弱さを如実に醸し出しますし、エリックバナは、年々配役に恵まれて当然な演技でした。この物語の主役は一体!?と思ってしまうくらいそれぞれの役に感情移入してしまうでしょう。撮影の為に古代の町を本当に作ってかつラストで燃やしたという位の巨費を投じたこの作品、されどそれらは演技を引き立たせるだけのものであることが際立ってはっきりした映画でした。圧巻です。ぜひご覧あれ。
モンタナの雄大な自然をバックに、父親に習ったフライフィッシングをとおして成長し、人生を学んでいくさまが描かれている。自然の完璧なまでの芸術性の前で、人が美しく生きるとはどういうことなのかを考えさせられる。モンタナの自然の美しさを存分に楽しめる作品でもある。森を流れる川のせせらぎや、水面に反射する日の光、言葉のつむぎ方など、全編をとおしてロバート・レッドフォード監督らしい詩的な感じが漂っている。
実話を映画化したということに驚いています。ブラッド・ピット演じるハインリヒ・ハラーというオーストリアの登山家が辿る実に不思議な運命を、映画を通して体験する事で、見る者の魂も揺さぶられます。 彼が運命によって、引き寄せられていく”チベット”。そして、若き日の”ダライ・ラマ”。チベットの大自然と、自然と共生する民族が、都会に住む人々の心を解放してゆく物語と言えるでしょうか。じっくりとご覧になることをお薦めします。

この映画はいわゆる「サイコ・ホラー」の範疇に入るが、尋常ではない深い奥行きを持っている。それは連続殺人が「7つの大罪」をモチーフにしたからではない。はじめはサスペンスの「お客さん」だったはずなのに、犯行の意図・作品の意味が明らかになるにつれて、犯人が告発しているのは客である自分なんだと否応なく気付かされるという、現実とリンクした作品であるからである。
トップスターをたくさん集めると、脚本に予算が廻らず、期待はずれの映画になってしまうことが結構多いものです。しかし、この映画は違います。よく練られた脚本です。しかも練りすぎて脚本家の独りよがりに陥って破綻してしまうこともなく、映画として誰が見ても楽しめます。
原作では、ジョンとトミーを救うための様々な駆け引きや看守への復讐などもきちんと描かれていたので、映画だけでは『スリーパーズ』の面白さはわからないかと思います。しかし、原作通りの軽快な台詞や裁判を終えた後のブラッド・ピットのやりきれない空しさ、神父の苦悩など、映画ならではの見所もあります。私はこの映画を観て良かったと思いました。



ここのアドレスを送信!

| ネットショップ | 映画情報 | アクセサリー | 自動車保険 | 検索エンジン | 東京 | ポップス | 株価 | 格安航空券 | ゲーム | 東京23区 | 出会い |
(C)Copyright webshopnavi