目次 [1] [2]
[無料占い] [無料ゲーム]


概要

1842年南京条約などによりからイギリスに割譲された土地と租借地で、以降はイギリスの植民地となったが、1997年7月1日午前零時に、イギリスから中華人民共和国へ返還され、特別行政区となった。名称は「香港」だが、香港島だけでなく、九龍半島、新界と周囲の200余の島を含めた地域を指す。

古くから東南アジアにおける交通の要所であり、また、フリーポートであることからイギリスの植民地時代から金融流通の要所でもある。また、ショッピングやグルメの街として栄えているということもあり、世界中から観光客が訪れる。超高層ビルが立ち並ぶ近代的な町並みだけでなく、離島や丘陵地帯などの自然に触れられる場所などの様々な見どころが、領地が狭いために隣接しているのが特徴である。また、マカオ?などの近隣地域と組み合わせて観光するケースも多く見られる。

香港という名称は南シナ海珠江デルタに浮かぶ香港島に由来している。現在の香港の領域には九龍半島、新界および周辺に浮かぶ200あまりの島が含まれる。

ランタオ島(大嶼山)は領域内で最大の島であり、香港島の約2倍の面積を持ち、香港国際空港の空港島が隣接している。2005年9月には島内にディズニーランドが開園した。香港の地形は全体に山がちであり、最高点は標高958メートルの大帽山である。中華人民共和国本土との境辺りを除き平地は少なく、主なものに元朗平原がある。

気候

温暖冬季少雨気候に属し、秋〜冬は温暖で乾燥しており、春〜夏は海からの季節風と熱帯低気圧の影響で高温湿潤という気候である。

秋はしばしば台風に襲われ、スターフェリーマカオへ行く水中翼船などの海の便や航空便、2階建てトラムが運行停止になることもある。台風の警報がでると、各種イベントが中止となるだけでなく、学校や企業、官公庁も休みとなる。

冬は北風が中国大陸から吹くため、埃や環境対策が進んでいない工場からの排気や自動車の排気ガスなどで汚染された空気が入り込んで来ることが多く、そのために近年は霧や靄が発生することが多くなっている。

観光

近い上に観光資源が豊富なことから、1970年代の海外旅行ブームのときより日本人の間で人気の旅行先としての地位を保っている。また、それに対し近年は日本が香港市民の人気の旅行先として定着しており、当初は東京東京ディズニーランド原宿など)を主な旅行先とするケースが多かったものの、近年は東北地方の温泉地周りや、北海道でのスキーなど、その目的地が日本全国へと広がっており、香港市民の日本へ対しての興味の幅広さがうかがわれる。

映画

映画産業が古くから盛んであり、ゴールデン・ハーベストなどの大手映画制作会社の本拠地がある。近年は一時の勢いこそ衰えたといわれるものの、その製作本数と内容で日本大韓民国と並びアジアをリードする存在である。

また、1960年代から現在に至るまで、ブルース・リージャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーチョウ・ユンファなど数多くの世界的に有名な映画スターを生み出してきているほか、ウォン・カーウァイジョン・ウーレナード・ホー などの世界的に有名な映画監督を輩出しており、その存在感は非常に高い。

ファッション

東京ソウルと並ぶアジアにおけるファッションの発信地として君臨しており、上海灘ジョルダーノジョイスなどの有名ブランドセレクトショップの他、アラン・チャンジョアンナ・ホーなどの世界的に著名なデザイナーやクリエイターを多数輩出している。地元デザイナーやブランドが多数いる上、中国本土やアジア諸国など広大なマーケットを持つことから、香港ファッションウイーク(香港時装節春夏系列/秋冬系列)や香港国際毛皮時装展覧会(香港ファーファッションフェア)などのファッション関連のフェアやトレードショーなども定期的に行なわれている。

香港の著名人

歌手・俳優

映画監督






ありきたりの香港ガイドブックにはない、香港の隅々まで愛している!っていう感じが伝わってくる本です。  香港に行く前にパラパラするのも良いですが、行った後にめくってみるのも良いかも。ああ、コココ!そうそう!行った行った!と感激してまた、香港に行きたくなる本です。

この本オススメな事は地元の香港人の生活に密着していることです。 一人分約350円の早朝飲茶の店には感動!!実は香港人の友達と行ったお店なのです、普通のガイドブックには載っていませんからね。 そして、まだまだ情報の少ないシンセンの事沢山載ってます、今の香港はシンセンまで行くのがお決まりですがツアーで行くと1万円でも個人で行けばビザ代入れても数千円。2回目以上の香港に行く方必見ですよ。

フランス文学が専門で翻訳家という、香港映画を論じるにはやや異色な野崎歓氏の著書。 氏はおそらくフランス映画を数多く見てこられたはずですが、そのややペダンチックな文体からもそういう経歴がはっきりと見てとれます。 そんな「アカデミックな」著者を捉えて離さない香港映画の底知れぬ 魅力。おそらく著者にも当初は「これはいったいどういうわけなのだ」と自分の中で起きていることがよく分からなかったのでしょう。 そこで、何故こんなにも香港映画が自分を引き付けるのかを検証する為にも、本書を著したのだと思われます。

この本を持って香港へ行ってきました。ツアーの市内観光には飽きていて、街歩きを楽しみたかったので、すごく参考になりました。女の子の著者(取材班)が、下町へ出かけたり街の食堂で食べたりした体験談が綴られていて、読み物としても楽しめます。よくあるブランド店やレストランのガイドブックではないので、どちらかというとリピーター向けだと思います。

香港でチープな雑貨を探しに行きたい人には、ホント役に立つ本です。 他にいろいろガイドブックや雑貨本を集めたけど、実際、街を歩くときに持って行ったのは地図とこの本オンリー。この本の中の地図もシンプル且つわかりやすく、地下鉄から外に出たときに、どっちの方向へ行けばいいか、すぐに判断ができました。

食材紹介が主体なのですが、それにとどまらず、エピソード、調理法など含めてかかれていて、読んでいて楽しく、かつ、参考になります。どうやって作るのかとか、どうやって食べるのか?!と思っていた謎がいろいろ氷解してうれしい限りです。入手可能な場所もかかれています。香港食材に興味おもちの方には、強くオススメできます。

高級中国料理店、「聘珍楼」の有名な総料理長、謝さんの、本格的なデザートの本。同時発売された、「麺飯」の本は、かなり手ごわい(なにしろ材料集めるだけで至難の業の本格レシピだったので)けど、こちらは、やってやれないことはない、やらずにできるわけが無い!というわけで、がんばってあこがれのホンコンスイーツ、どんどんお家でつくってしまえます。

香港にどっぷりはまった筆者がたどり着いたいくつかのレストランでの飲茶に特化した、こだわりの視点からの香港での食ガイドです。それぞれのレストランでの代表的な飲茶が写真と内容説明で細かく説明されています。写真家でもある筆者によって本文中の写真はとられていて、それぞれの皿の魅力がほとばしり出ています。

これを見て損はないでしょう! もちろん香港好きといわないまでも、興味のある方なら。 チムシャーツイやアバディーンなどの観光地で見る香港ではなく、生活に密着した路面電車という切り口から構成されています。 ツアーで1回いっただけではおそらく乗る事の無いトラム。 香港愛好者だからこそ愛着のあるトラム。 そんなトラムや香港への愛と現実のあふれる本でした。
香港にどっぷりはまった筆者がたどり着いたいくつかのレストラン。こだわりの視点からの香港での食ガイドです。写真家でもある筆者によって本文中の写真はとられていて、それぞれの皿の魅力がほとばしり出ています。高級なレストランも安いレストランも紹介されています。かなりいろいろ行ってみました、ほとんどの評価は納得できるものでした。

ガイドブックではよく「日本への発送も可」で終わっていますが、一般旅行者は「どうオーダーすればいいの?発送は本当に大丈夫?」と不安になり、なかなか手が出せません。でもこの本の巻末には家具のオーダー方法や日本への発送まで丁寧に書かれています。この本を読めば本当に「日本への発送も可」になりそう!
入国のしかたから始まり、不動産屋さんの回り方や、電話のひき方、学校や銀行、病院について、さらには税金の払い方など、生活に必要なことが一から十まで丁寧にわかりやすく書いてあるので、至極まじめな内容ながら、一気に読めてしまい飽きません。読み終わると、香港のことは任せておけって気になってしまうこと間違いないでしょう。
著名な旅行作家が描く香港の大著である。 分量・質ともに香港の歴史を語る上で外せない書であろう。 時系列的な歴史を解説した章と 社会史的な時代の雰囲気を伝える章と 交互に展開する構成によって アカデミックな大著に留まらない リアルな街の姿を感じさせられる。 装丁も美しく、訳文もスムーズで読み易い。
友人と2人で香港に行くとき、別々の場所でこの本を手に取り、お互いに購入していました。「お値打ち」という言葉についふらふらと。さて、実際にこの本で普通のガイドブックに載っていない場所にいけます。面白い。きっと今までとはちょっと違う香港旅行ができると思います。
香港に在住していたカナダ人カメラマンが、香港に住みながら丹念に撮影した九龍城の写真集。かつて、魔界、犯罪地帯と呼ばれた九龍城を愛情込めて撮影。撮影者は欧米の一流雑誌で仕事をするフリーカメラマンだけあって、写真の迫力、美しさは特筆モノ。香港フリークにはぜひ、おすすめしたい。ちなみに、九龍城は取り壊され、陳腐な公園になってしまっている。よって貴重な記録でもある。
今は亡き九龍城の写真集。値段も装丁もかなりのものだが内容も十分それに見合ったものです。全てモノクロ写真。住人がいた頃の写真から取り壊しの様子までが収められている。「廃墟」「魔窟」としての九龍城を最も感じさせる写真集だ。「City of darkness」とは全く違う雰囲気を醸し出している。巻末に九龍城の歴史についての解説と荒俣宏氏による九龍城体験記が付いている。
全共闘・ベトナム戦争以降の生まれの私は、あの時代に何があったのかを 知りたいとおもい、その一つとしてこの本を手にしました。 「テト攻勢」の言葉をしっていても、実際はどんな現状だったのかを 教えてくれた一冊です。 とても、リアリティに富み、想像しやすく、勉強にもなる本でした。 近年特に耳にする「危機管理」とはどういうものか、どうあってほしいのかを より身近に感じることができます。 歴史の一端を知ることは、国や人間や文化をしることです。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク