トム・クルーズ






トム・クルーズニュース
Yahoo!画像
Google画像検索
goo画像検索
Googleニュース
YouTube動画
Yahoo!動画
Infoseek動画
掲示板検索
ブログ
Amazon
楽天
ヤフオク







楽天市場





Amazon.co.jpアソシエイト






不動産ナビ
投資ナビ
旅行ナビ
東京23区ナビ
映画ナビ
都道府県ナビ
スポーツナビ
プログラミングナビ
ゲームナビ
美容ナビ





[無料占い] [無料ゲーム]

トム・クルーズ出演映画一覧

トム・クルーズ(Tom Cruise, 1962年7月3日 - )
トム・クルーズはアメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー。本名は Thomas Cruise Mapother IV。ニューヨーク州出身。
『7月4日に生まれて』、『マグノリア』で2度アカデミー賞にノミネートされたこともあるが、受賞は逃している。逆に彼と一緒に映画に関わるととアカデミー賞への最短の近道というジンクスもハリウッドにはある。
彼は、ミミ・ロジャース、ニコール・キッドマンと2度結婚生活を経験しているが、いずれも破綻した。
彼は学習障害(LD、具体的には、書字障害(Dyslexia:ディスレクシア):文字を書く上での障害)があり、彼自身、障害者にかかわる映画(『レインマン』)や、自分の障害を理解してもらうための映画も製作主演している(『デイズ・オブ・サンダー』)。新興宗教であるサイエントロジーの活動(勉強の技術の実践)により学習障害を克服したと語っている。
アイルランド系移民の子孫。父親トーマスはなかなかひとつの仕事に長く留まっていられないタイプで、アメリカ中を職換えのため転々とした。このためトム・クルーズは転校ばかりとなり幼少期の精神に影響があったといわれる。12歳のときに両親が離婚したため経済的に苦しい生活を送る。学生時代はスポーツに熱中するが挫折し、その後演劇に関心を持つようになった。
1992年、ポーラ・ワグナーとともにパラマウント映画内に「クルーズ/ワグナー・プロダクション」を設立し、1996年の映画『ミッション:インポッシブル』で初めて映画プロデューサー業に挑戦した。 2004年、映画のプロモーションのため来日し、西武ドームで行われた日本シリーズ・西武ライオンズ対中日ドラゴンズ戦の始球式をつとめた。




トム・クルーズが自ら製作し主演した3作品をコレクターズBOX化。トム・クルーズが自らリメイク権を取得して製作した異色のラブロマンス『バニラ・スカイ』の他、手に汗握るスパイアクションシリーズ『ミッション:インポッシブル』『M:I-2』を収録。
仕事の理想に燃えるスポーツ専門のエージェントをトム・クルーズが好演した、ロマンティックなヒューマン・エンタテインメント。提言書を出したばかりにエージェント会社をクビになったジェリージは、彼に賛同するドロシーとともに独自のエージェント活動を開始しようとする。しかし、そもそも彼が抱えていたスポーツ選手はほとんど元の同僚に奪われ、残ったのは落ち目のアメフト選手ロッドだけだった…。
アン・ライスが自身の小説『夜明けのヴァンパイア』を脚色、『クライング・ゲーム』のニール・ジョーダン監督が、そうそうたる若手キャストを得て映画化したゴシック・ホラー。レスタトを演じるトム・クルーズには、当初原作者のライスが反対した。しかし体重を落としたうえ、髪を金髪に染め、今までのイメージをくつがえしたクルーズの姿には、ライスも大絶賛。

『コラテラル』では、冷酷な殺し屋という悪役にも挑戦し、少しずつ演技派へと方向転換し始めているトム・クルーズですが、この『カクテル』の頃は演技がどうのこうのというよりも、ただひたすら持ち前のさわやかな魅力を全面に出して勝負している感じです。  実際、この映画の中のトム・クルーズはとにかく爽やか青年でカッコイイです。
この映画は映画のフルコースのような映画である。どういうことかというと、ファーストシーンからラストシーンまでどっぷりとミッション・インポッシブルの世界に浸ることができるのだ。脚本もいい、演出もいい、音楽もいい。ここは意見が分かれるところだが映画の面白さとしてはMI2よりもこちらの方が上だと私は思う。



ここのアドレスを送信!

| 出会い | 新作映画 | | 格安航空券 | 検索 | | 洋楽 | 東京 | 宝飾品 | ネット通販 | ゲーム | 東京23区 |
(C)Copyright webshopnavi